合宿免許に行くまでの流れ

合宿免許に行くまでの流れ

合宿免許に行くまでの流れがわからないという方も多いと思います。
そこで実際に合宿免許で取りに行った方の実際の流れを紹介したいと思います。

 

以前はパンフレットなどからでしたが最近ではネットで調べて情報も詳しく乗っていますし選択肢も多いですし、申し込めるので簡単で良いですね。

 

 

詳細は下を見ていただければと思います。

 

男性
合宿免許の申し込みを取り扱っている窓口、私の場合ですと町田駅ビルのマルイの最上階の中にあった窓口へ行きました。置いてあったパンフレットなどをいくつか見てから窓口スタッフに相談したように記憶しています。
申し込み書類の記入などして、入所の日程、集合場所や時間などの案内を貰い、当日に指定の場所で集合し、送迎バスで教習所に入り、その後に宿舎となる民宿へ行きました。私は田舎の民宿でしたが、同期の人によっては駅前のホテルの人もいました。
あとは教習修了までの流れに沿って行きました。
往復の交通費は入所時と帰る前に現金で支給されました。

 

男性
準備にはかなりの時間をかけました。2週間分の服を入れなきゃ行けなかったり、携帯の充電器が壊れたとき用の新品の充電器を買ったり、お菓子やおつまみを少し多めに買ったりと、教習のとはまた別のところにお金がかかってしまいました。私は友だちと行ったのですが、あまりしっかりしていない人でしたので、友だちが忘れたとき用の分も用意していました。電車とバスを乗り継いで行ったのですが、それだけでかなりに体力を消耗します。

 

女性
教習所の申し込みの仕方はほとんど覚えていません。
ただ、友達と参加をしにいったので、書き方などは友達に教えてもらいました。
そのあと、メールや電話などで自動車学校までの行き方を教えてもらいました。
長崎のフェリー乗り場からのり、そのあとフェリーから五島自動車学校のバスが待っていたのでそれに乗りました。
わからないこととかは、メールや電話でできたし、いるものとかも、詳しく説明をしてくれました。
足りないものは、五島で買えました。

 

女性
合宿ができる教習所を全く知らなかったので、ネットで教習所を探しました。希望に沿った教習所があったので申し込みました。
コインランドリーがあったので、持っていく洋服は日数の半分くらい用意しました。他の荷物は、旅行と大して変わりませんでした。
教習所までは家から車で数時間の距離にあったのですが、近くの駅まで教習所の車が迎えに来てくれました。
その送迎車に乗って教習所まで行ったので特に迷うことはありませんでした。

 

女性
資料とホームページを友達と一緒に確認し、教習所を決定しました。申し込み後は教習所より送られてきた資料のとおりに準備や当日移動するだけで何も困ったことはありませんでした。
設備で分からないことがあったので事前に問い合わせとしましたが、親切に対応頂いたのを覚えています。
行きも帰りも教習所から新幹線の駅までは送迎バスがあり、こちらの時間に合わせてバスを準備して頂いたのでとても便利でした。
また、友達と一緒に申し込みましたが、新幹線の席は隣同士にしてもらったので安心しました。

 

女性
教習所はすべてネットで申し込みしました。
スマートフォンでできるので、とても簡単でよかったです。
合宿といっても県内のところに行ったので、移動距離もそこまでなく苦痛なことはあまりなかったかなとおもっています。

 

ホテルから教習所まではバスが出ているのでそれに遅れないようにしていました。遅れるとバスが1本しかでていないので、行けなかったり帰れなくなってしまうのでそこだけは用心していました。

 

少し不便でしたが、ホテルがキレイだったので良いです。

 

女性
長期休みに免許を取ろう!というポスターを大学内で発見し、パンフレットを読んで取ることを決断しました。申し込みは大学の受付でしました。必要事項を記入した申し込み書を提出し、行きたい教習所に空きがあるか確認と予約完了を待ちました。そして、予約が確定し授業料を期日までに振り込みました。その後学生課から、スケジュールが渡されました。そして同じ大学からいく人が多かったので、当日に大学に集合して、団体の貸切バスでみんなで教習所まで送ってもらうことができました。

 

男性
まずインターネットで、合宿を行っている近場の教習所を探しました。探し始めたのが十一月で、その時から予約すると合宿が始まるのはちょうど冬休みの時期と重なるらしく、ほとんどの教習所は年内の予約が埋まっていました。気は進みませんでしたが、唯一予約が取れる田舎の教習所にインターネットから申し込みました。
2、3日後には振込用紙や送迎バスの案内等の書類が送られてきました。荷物の郵送も行ってくれるようでしたが、私は利用しませんでした。
合宿開始の当日に、現地の駅から出ている送迎バスに乗って教習所まで行きました。

 

男性
インターネットの合宿免許サイトから申し込みをしました。
後日案内が郵送されました。準備は着替えや常備薬、免許証、筆記用具、メガネ、印鑑くらいだったと記憶しています。
入学当日は高速バスを使い自動車学校最寄り駅まで移動し、そこから学校まで送迎してくれました。
到着して驚いたことが、受付の人に高速バスのチケットを見せて下さいと言われ差し出したら、その場で運賃を支払ってくれたことです。
このような点も合宿免許のメリットであると思います。

 

女性
空き枠確認 仮予約 申込確定・支払 合宿入校 入校当日は本川越駅から教習所の送迎バスに乗り込み教習所へ直行しました。事前準備は住民票、既に取得している免許証(原付バイクの免許証)、印鑑、筆記用具、眼鏡、保険証、アメニティ用品、着替え等です。手荷物に不足が生じた場合に困るので事前に教習所、宿泊施設の周辺を探索し銀行、スーパー、コンビニがあるかどか確認をしておきました。職場にも迷惑がかからないよう仕事の整理をしておきました。

 

女性
教習場をどこにするかを、パンフレットをたくさん集めて検討し、一緒に行ってくれる友達をさがし、行きたい合宿場のプランと金額を見せて納得してもらう。
親に半分教習場代を出してくれないかと、パンフレットや金額などを見せて説得する。教習場の申し込み窓口まで行って手続きをして、お金は後日振り込みをした。
旅行に行くような準備などをして、友達と当日待ち合わせをして、教習場まで電車で向かった。駅からは送迎のバスが迎えに来てくれていて、合宿場まで到着した

 

女性
地元のサービスセンターみたいなところで申し込みをして、振込みをしたあと、
新幹線のチケットやパンフレットなどが送られてきたので、その通りに決められた新幹線にのった。
指定された駅前に出ると、教習所の迎えの車が待っていたので、そこから5分から10分程度でまっすぐに教習所へ到着した。
教習所の別室で、視力検査や事務手続きを行ったあと、時間割を渡されてすぐに講義を受けた。
日によってはまとめて何人も一緒に迎えるらしかったが、私が行った日は自分しかおらず、非常にスムーズに手続きが進んだ。

 

女性
まずはいろんな教習所を調べました。いろんな教習所のサイトを調べて行き方や交通費が頂けるかなどとても調べましたし、金額も比べたりもしました。希望していた日程にならなかったりするので少し猶予があったりした方がいいと思います。バスの予約もこちらがしなければいけなかったり交通費は卒業時に返ってくるのでお金に余裕があるときの方がいいかと思われます。バスの車内はすぐにでも帰りたくて泣きそうでしたが、帰りは帰りなくないくらいでした。

 

女性
申し込みはオンラインにて行いました。
準備としては、2週間と普通の旅行よりやや長めでしたので現地で洗濯をできるように用意したり、教習所周辺にはほとんどお店が無いとのことでしたのでおやつなどをパッキングしました。スーツケースは学校側の手配で配送でしたので事前に送りました。
当日は東京駅より新幹線で岩手まで行き、確か岩手県内から教習所のバスにて教習所まで送ってもらったと記憶しています。現地に到着するまでの段階ですでに旅行のようでした。

 

女性
何社か比較し申し込み必要な荷物は事前に送ることができました。事前にこちらから用意するものはなく帰宅したい日時は事前に伝えその際の送迎も最寄り駅までは無料でした。
近隣の駅に教習所の方が送迎にきてくれて合宿所に向かうまでに近隣の施設などの説明をしてくれました。
その際に近隣から通っている生徒さんの自宅もまわりました。
田舎だったので、近隣のコンビニやスーパーへ行くまで徒歩だとどれくらい所要時間がかかるのか教えてくれました。

 

男性
教習所の選定からお金の事は親がほぼ決めたのですが立地条件だけは私の希望に沿うようにしてもらいました。申し込み準備は私はとりあえずの着替えを準備して市役所などに行き住民票を取得して教習所に親と一緒に出かけた記憶があります。入校手続きの時に印鑑を忘れて近くのダイソーに買いに行くという情けない記憶もあります。
入校手続きを完了すると親は帰り部屋に案内され荷物を置いて早速、教習が始まりました。もう少しゆっくりできるのかと思っていたのですがさすが合宿免許です。

 

女性
まずはコンビニなどに置いてあるフリーペーパーで行きたい教習所を探しました。その後HPで資料の取り寄せなどを行い、合宿免許の予約?申し込みをしました。あとは合宿料金を振り込み、手続き完了の連絡がきました。そして2週間分の衣類や洗面用具を準備して当日バスで合宿所に向かいました。バスに乗っていた時間はおよそ2時間程度だったと思います。が、ほとんど寝ていたのであまり覚えていません。気づいたら合宿所の駐車場に着いていました。

 

男性
まずインターネットで検索し、値段や口コミをしらべて、どこの合宿教習に行くか数日間じっくり考えた後ドライビングスクールにメールを送りました。次にお金を全額振り込み、領収書を受け取り、書類を受け取りました。当日の昼に駅で現地集合だったので、電車に乗って駅に向かいました。駅に着くと送迎バスが来ていて、私と同じ日に入校する人たちと一緒にバスに乗って教習所に向かいました。家から約3時間かけて教習所に到着しました。

 

女性
教習所への申し込みを半年前くらいに大学で行いました。入金もそこで済ませ、あとは合宿直前に準備をするだけでした。
合宿前に着替えなど必要なものをスーツケースに入れ、友人とフェリーで8時間ほどかけて教習場まで行きました。港につくと、教習所のバスが教習所まで送迎してくれたので、バスに乗って教習所まで行きました。到着してからは、自分が泊まる部屋への案内や、合宿場でのルール、教習の説明等があり、そのあとは何の不安もなく2週間過ごすことができました。

 

女性
3週間前に申し込み、その日中に前金を支払い、出発2週間前までに全額振り込みという形でした。
2週間分の荷物と言っても洗濯機があると聞いていたので、服はあまり準備しなくて済みました。ただ、洗濯ネットは必需品です。合宿所にもよりますが、ハンガーなども用意されていました。
フェリーで最寄りの港まで行って、そこからは教習所が手配したタクシーで向かいました。他の人も一緒に乗ります。港からは15分程で到着しました。

 

女性
まずは資料を取り寄せ、申し込みをしました。私は兵庫県にいたので、山形県の合宿所まで飛行機で行く必要がありました。暫くして航空券が送られてきました。そして、20日近い合宿生活が始まるので、ガイドにあった必需品を一通り揃えましたが、田舎だと分かっていたのでポータブルのゲームそして、寒い地域なので防寒着も用意しました。出発当日は、友人と一緒に大阪空港から出発しました。山形の空港に着くとバスが迎えに来てくれ合宿所まで送ってくれました。

 

男性
まず教習所にいくお金を作るためにバイトをがんばりました。予約がすぐ埋まってしまうため、3、4ヶ月前から予約をとり確実に教習所に行ける準備を進めていました。そして教習所は違う県にあるためそこにたどり着くのもまた大変だったのを覚えています。乗り換えもあり本当にたどり着けるか不安な部分もありました。最寄りの駅に着くと教習所から直通バスが出ていた為それにのりこんでやっとたどりつくことができました。知らない土地の教習所にいくという面でとても心配でした。

 

女性
友達とご飯を食べているときに結構軽いノリで免許を取りたいねと話していました。その場で友達とスマホで教習所を探し、夏休み直前で予約もかなり埋まっていたのですぐに予約をしました。2週間以上もあるので準備なども大変でしたが、夏だったので荷物は少なく軽く済んだように思います。出発当日はキャリーバッグをひいて、新幹線にのって本当に旅行のようでした。教習所に着くとまずお昼ご飯が出てきて食べたのを覚えています。教習所に着いたその日から授業があったのは驚きでした。

 

女性
ネット上で申込をし、そのあとはモチベーションをあげるために可愛い筆記用具などをそろえました。あとは動きやすい服装を購入したり、良い睡眠がとれるようなパジャマやアイマスクも準備しました。当日は、朝3時に起きて新幹線に乗り、2回乗り継ぎました、到着駅には教習所の事務の方が迎えにきてくれており、そのまま教習所で事務手続きをして、すぐに学科の授業に入りました、その日は初日だったにもかかわらず、20時までみっちり授業でした。

 

女性
パソコンで合宿免許について調べて申し込み。

 

その後、申し込みが確定したら料金をお支払いします。

 

合宿日が決まったら、出発の日までに必要な物を揃えます。
住民票や印鑑など、サイトにしっかり記載されているので、
忘れ物がないよう気を付けましょう。

 

その他に日用品なども揃えます。
合宿先が田舎の場合、買い物が不便な可能性があるので、
なるべく完璧に揃えておいた方が良いです。

 

当日は、合宿先の最寄りの駅まで電車などで行きます。
駅に到着後、合宿所のバスが迎えに来てくれるので、
参加者の方々と一緒に、バスで合宿先に向かいます。

 

女性
パンフレットでそれぞれの場所(料金や家からの距離、施設状況など)を比較して、最終的に行く場所を決めたかと思います。そこから電話で問い合わせして、申し込みという流れでしょうか。教習所までは電車で最寄り駅まで行き、そこから教習所の迎えのバスに乗り、現地まで行くという流れだったかと思います。準備については、なかなかの長期滞在になり、空く時間も結構あるかと思ったので、暇をつぶせるような物があるといいかもしれませんね。

 

女性
合宿免許について大学でパンフレットを貰って下調べをして、電話で申し込みをしました。
準備はとても寒いと聞いていたので新しく服を用意した以外は特になにもしていません。
実際についてから必要になるものを買いに行こうと思って。なるべく荷物は少なくしていきました。
当日は新幹線で東京から向かって、教習所の最寄り駅までいけばそこまで担当の方が迎えに来てくれました。
そこで色々な説明、家の鍵を預かって家に案内してもらいました。

 

女性
合宿免許の冊子を読んで、一番安いところを探し、ローソンの合宿免許にて登録しました。電話でいろいろな説明や簡単な質問をされてそれに答え、登録は終わりました。合宿当日の1か月前くらいです。電話が終わって一週間くらいたった時に資料と新幹線のチケットが届きました。合宿当日は朝の8時ほどに事前に届いた東京からの新幹線チケットを持ち新幹線で新潟まで行きました。新潟についたら資料に書いてある場所に合宿先まで行く無料バスがあったのでそれに乗り合宿先まで行きました。

 

男性
まず、大型特殊免許の取得のために行動しはじめて、免許センターでは、1回の練習と試験の申込で、1万円ほどかかる事。予約してから受験者が多いため、1ヶ月後に試験の予定になる事から、時間がかかるため「パス」しました。
次に教習所ですが、自宅近くにない事。昼間職業訓練の受講の為、自由な時間が取れない事。「上手く予定が組めない」ことで「パス」しました。
最後に合宿免許が、職業訓練の夏休み期間に取れる事。早期割引がある事。ビジネスホテルも格安。10万以内に収まることなどから合宿免許に決めました。

 

男性
夏休みに合宿免許に行くことを決めた後、母に合宿先を探してもらいました。
たしか、生協の割引をつかって合宿先を決めました。どこになったのかは、決定後に事後報告だったと思います。
荷物の準備は、勉強道具と印鑑、洗濯しながらローテーションできる分の着替えを持っていきました。
大学のある群馬から大宮までは高崎線、大宮からは東北新幹線(山形新幹線)で合宿先の山形県新庄市に行きました。
駅には合宿先のマイクロバスが迎えに来ており、それに乗って教習所に行きました。
入学手続きとして身分証明書を出して、入学書類に印鑑を捺印し、テキスト類をもらいました。
初日は免許取得までの日程や学習内容などの説明会だけあり、その後は合宿先に移動しました。

 

男性
合宿教習所への申し込みはインターネットから電話番号を探し出し、電話を掛けます。
簡単に自分の名前と一緒に行くパートナーの名前、日程など教え、必要なものはないか聞きます。
そして当日までに、合宿に行くための身支度をしなければなりません。下着はちゃんと何枚か入れましたか?
目的の駅に到着する間パートナーと雑談を交わしつつ、私の場合は駅から専用のバスが出発するようなのでそれに搭乗します。
なれない街並みを拝見しながら、緊張と不安を織り交ぜて合宿所に到着しました。

 

男性
合宿免許に行くまでに行った流れは(うろ覚えですが)下記のような流れだったと思います。教習所の申し込みは大学の生協にてまとめてできたので、あとは荷物をまとめて指定された日に現地の最寄駅に向かう形でした。そのため当日はJRで向かい、駅に到着すると迎えの車が待っていてくれました。教習所に着くと、ついたその日から授業を受け、いきなり運転もしました。緊張しましたが、初めて運転したこと高揚感を覚えています。それから授業後は毎日ホテルまで送迎してくれました。余談ですが、ホテルの設備も満足でした。

 

男性
大学の生協で募集していたので、そこを通じて!申し込みを行いました。手続き等もしてくれたので、友達4人で日程だけ決めて、申し込みを行いました。そこかはは、友人はwii、私はボードゲームを用意して、合宿へ向かいました。教習所までは新幹線で移動しました。小旅行気分で、駅弁を買って、楽しんでいた記憶があります。駅に着くと、教習所の方が迎えに来てくれており、連れて行ってくれました。ホテルに送ってくれ、毎日送り迎えをしてもらいました。

どこで申し込もうか迷っている方はこちらがおすすめ
教習所や申し込みを考えている方は合宿免許プラスがおすすめです。
なぜかというと私が申し込んだのが合宿免許プラスが運営しているナンバメイトです。
いろいろお世話になったのでおすすめさせていただきます。
教習所の掲載数も最大級ですし、格安教習所とプランがあるので良いと思います。
様々な割引キャンペーン実施中

ナンバメイトの免許合宿ライブはみんなのお申込み情報がすぐわかるお申込みサイトです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓